PRの未来

社内外のプロフェッショナルと「最高のワンチーム」を組成。顧客起点でマーケティング・ブランディング・コマースまで一気通貫で支援。ブランデッドECの展開へ。

社内外のプロフェッショナルと「最高のワンチーム」を組成。顧客起点でマーケティング・ブランディング・コマースまで一気通貫で支援。ブランデッドECの展開へ。

僕が取り組む仕事は、代表の長谷川やグループ会社の経営陣から直接依頼されるケースが多く、従来のPR会社の範囲を超えたものがほとんど。結果的に、ベクトルグループにとっても新しい挑戦となるものが多いです。

Bloom&Co.×ベクトルの提携で、デジタル化していく世界に「運命の出会い」を生み出す。2021年以降のコミュニケーションの新潮流、ブランド×PRで描く「Branded PR」。

Bloom&Co.×ベクトルの提携で、デジタル化していく世界に「運命の出会い」を生み出す。2021年以降のコミュニケーションの新潮流、ブランド×PRで描く「Branded PR」。

2020年9月、株式会社ベクトルは、大企業からスタートアップまでさまざまな領域においてビジネスを持続的に成長させるためのマーケティング戦略策定から実行支援を手掛ける株式会社Bloom&Co.と業務提携を行いました。その目的や今後の展望について、Bloom&Co.社の代表取締役 彌野 泰弘氏とベクトル社の代表取締役社長 長谷川 創氏にお話を伺いました。

コロナ禍だからこそ、エンターテインメントを。映画監督・俳優をも巻き込み、グッドデザイン賞を受賞した「ドライブインシアター2020」の舞台裏に迫る

コロナ禍だからこそ、エンターテインメントを。映画監督・俳優をも巻き込み、グッドデザイン賞を受賞した「ドライブインシアター2020」の舞台裏に迫る

コロナ禍で多くのイベントが中止になる中、今こそエンターテインメントの力で多くの人に夢を与え、世の中を応援したいと「ドライブインシアター2020」実現に向け走り続けていたチームがあります。その中心となったのが株式会社ハッチのシアタープロデュースチーム「Do it Theater」の代表を務める伊藤大地氏と、株式会社プラチナムの村山聡一氏です。構想から約10日で立ち上げたクラウドファンディングは大きな反響となり、映画監督・俳優・アーティストなど錚々たる方々からの賛同とコメントが寄せられるほど、大きなうねりとなりました。グッドデザイン賞を受賞するほどのプロジェクトはどう生まれ、どう実現したのか。その熱狂の舞台裏を追いました。

企業と社会のコミュニケーションが増大する時代の、PRの本質とは【アドテック東京2020「広告とPRの境界線」レポート・後編】

企業と社会のコミュニケーションが増大する時代の、PRの本質とは【アドテック東京2020「広告とPRの境界線」レポート・後編】

ベクトル取締役 吉柳さおりが登壇したアドテック東京2020「広告とPRの境界線」レポート後編です。PR施策を検討するときに重要なポイント、成功するチーム、そしてPRの本質とは何なのかについて議論が展開されています。

コロナ禍でPRはどう変化し、成功している企業は何が違うのか【アドテック東京2020「広告とPRの境界線」レポート・前編】

コロナ禍でPRはどう変化し、成功している企業は何が違うのか【アドテック東京2020「広告とPRの境界線」レポート・前編】

コロナ禍によりPRやコミュニケーションにも大きな変化が生まれ、PRの重要性が一層増してきています。そんな中、10月29日(木)に「アドテック東京2020」にて、PRの最先端を担うスピーカーが集い「広告とPRの境界線」と題したトークセッションが行われました。

「そのブランドがそのメッセージを発信する意味は何か?」プラチナム×メルカリ「読むレジ袋」を成功に導いた、これからのPRに必要な“問い“とは

「そのブランドがそのメッセージを発信する意味は何か?」プラチナム×メルカリ「読むレジ袋」を成功に導いた、これからのPRに必要な“問い“とは

「読むレジ袋」とは、レジ袋に伊坂幸太郎氏、吉本ばなな氏、筒井康隆氏の短編小説を印字したもので、レジ袋有料化直前の2020年6月24日〜26日の3日間限定で全国のナチュラルローソン138店舗にて無料配布しました。それぞれの小説は、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるプロジェクト「モノガタリ by mercari」で連載されたものでもあります。

「熱」を帯びて、伝播する。デジタル全盛・激変する社会環境の中、PRだから提供できる、人間臭いコミュニケーション

「熱」を帯びて、伝播する。デジタル全盛・激変する社会環境の中、PRだから提供できる、人間臭いコミュニケーション

我々は「PRの力で商品や企業、ブランドの価値を創り、社会に貢献する=ONE MORE VALUE」というミッションを掲げていて、いいモノを世の中に広めるサポートを行っています。広告とPRの垣根を超え、あらゆるソリューションを駆使しながらコミュニケーションの戦略立案から実行までを行うのが特徴です。

「コミュニケーション戦略の傘」を作るのがPR。イニシャル執行役員が10年の経験を経て想う、PRの本質とは。

「コミュニケーション戦略の傘」を作るのがPR。イニシャル執行役員が10年の経験を経て想う、PRの本質とは。

2020年3月より、株式会社イニシャルの執行役員を務めています。また、局長及び営業部長も兼任しており、組織運営はもちろん、各部署の売上の把握から売上向上のための案件獲得、コンサルティングなどの実務まで幅広く担っています。

11 件