経営者

Bloom&Co.×ベクトルの提携で、デジタル化していく世界に「運命の出会い」を生み出す。2021年以降のコミュニケーションの新潮流、ブランド×PRで描く「Branded PR」。

Bloom&Co.×ベクトルの提携で、デジタル化していく世界に「運命の出会い」を生み出す。2021年以降のコミュニケーションの新潮流、ブランド×PRで描く「Branded PR」。

2020年9月、株式会社ベクトルは、大企業からスタートアップまでさまざまな領域においてビジネスを持続的に成長させるためのマーケティング戦略策定から実行支援を手掛ける株式会社Bloom&Co.と業務提携を行いました。その目的や今後の展望について、Bloom&Co.社の代表取締役 彌野 泰弘氏とベクトル社の代表取締役社長 長谷川 創氏にお話を伺いました。

医療の情報格差を世界からなくす。ベクトルグループが医療領域に参入する背景と意味。

医療の情報格差を世界からなくす。ベクトルグループが医療領域に参入する背景と意味。

医療業界のデジタルトランスフォーメーション(以下DX)事業をはじめ、広告・PRも含めたコミュニケーション事業もあわせて提供する、医療業界に特化した新会社・メディカルテクノロジーズを、ベクトルと私が経営するビジネスインテリジェンス(以下、BI)の合弁で9月1日に設立しました。

ソニーの技術力をベースに新しいマーケティングテクノロジーを創出。 ソニー×ベクトル、ジョイントベンチャーの裏側。

ソニーの技術力をベースに新しいマーケティングテクノロジーを創出。 ソニー×ベクトル、ジョイントベンチャーの裏側。

もともと、ソニーグループはベクトル社とお付き合いがあって、さまざまな事業におけるPR業務をサポートいただいて来ました。特に、ソニー銀行の立ち上げや、新サービスのNURO 光など、新しく立ち上げたサービスのPRにおいては、インパクトのあるプロモーションを成功させてきた実績があります。

グループ参入で経営者として新たな挑戦。 モノの価値が伝わりにくい時代に必要なプラットフォームをつくる。

グループ参入で経営者として新たな挑戦。 モノの価値が伝わりにくい時代に必要なプラットフォームをつくる。

そもそもスマートメディアは、メディア事業の収益最大化のため、第三者メディアを運営していた3つのベクトル子会社が合併してできたものです。合併当初は、これまでバラバラに運営していたメディア企業同士が力を合わせることで、より大きな成長が見込めるとの想定でした。

データをユーザーへ返還し、資産化できる社会へ。 「プライバシーテック」を機軸に描く巨大なIDプラットフォーム構想。

データをユーザーへ返還し、資産化できる社会へ。 「プライバシーテック」を機軸に描く巨大なIDプラットフォーム構想。

2019年の4月ごろ現代表の長谷川に会ってて、「データを使ったビジネスをやりたい」と相談されたことがきっかけです。僕はその頃ソフトバンクに在籍しながら、ヤフーを兼務しており、両者を横断したデジタルマーケティング事業や新規事業を見ていました。

お客様のニーズの変化を的確に捉え、多角的な事業展開を。新卒入社から「子会社上場」への挑戦。

お客様のニーズの変化を的確に捉え、多角的な事業展開を。新卒入社から「子会社上場」への挑戦。

「つくりかたを、新しく。とどけかたを、新しく。」というミッションを掲げ、動画マーケティングを中心に、デジタルサイネージ事業、メディアアカウント事業、コンテンツクリエイティブ事業の3つの柱を軸に事業を展開しています。

10 件