中途入社

急成長中の「ハイパーカジュアルゲーム」市場で成功するために。ベクトルグループのアセットと共に、世界規模で戦える事業を生み出す。

急成長中の「ハイパーカジュアルゲーム」市場で成功するために。ベクトルグループのアセットと共に、世界規模で戦える事業を生み出す。

スマートフォンのゲーム市場はここ10年でずっと伸びています。その中でも、我々が開発しているゲームはシンプル且つ直感的なゲームデザインにより、わずかな時間で誰でも簡単に楽しめる「ハイパーカジュアルゲーム」と呼ばれるもので、直近2年で大きな盛り上がりを見せています。とくに昨年からの伸びが大きく、数字で見ると前年対比でも130%ほどの市場規模に成長しています。

コロナ禍で脚光を浴びるライブ配信市場を先んじて見出し、事業化。 熱く深いファンコミュニティを活かし、日本版ライブコマース を確立したい。

コロナ禍で脚光を浴びるライブ配信市場を先んじて見出し、事業化。 熱く深いファンコミュニティを活かし、日本版ライブコマース を確立したい。

コロナ以前から盛り上がっている市場ではありましたが、緊急事態宣言以降、家にいる時間が増えたことで、ライバーもファンも急激に増えています。タレントの方々は新たな活躍の場を求めて、フリーランスの方々は集客のために、ライブ配信を始めるケースが多いです。

「そのブランドがそのメッセージを発信する意味は何か?」プラチナム×メルカリ「読むレジ袋」を成功に導いた、これからのPRに必要な“問い“とは

「そのブランドがそのメッセージを発信する意味は何か?」プラチナム×メルカリ「読むレジ袋」を成功に導いた、これからのPRに必要な“問い“とは

「読むレジ袋」とは、レジ袋に伊坂幸太郎氏、吉本ばなな氏、筒井康隆氏の短編小説を印字したもので、レジ袋有料化直前の2020年6月24日〜26日の3日間限定で全国のナチュラルローソン138店舗にて無料配布しました。それぞれの小説は、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるプロジェクト「モノガタリ by mercari」で連載されたものでもあります。

「気持ち良いつながりを増やす」そのための営業のDX。 対極の営業を経験して見つけた、属人性とシステム化のハイブリット。

「気持ち良いつながりを増やす」そのための営業のDX。 対極の営業を経験して見つけた、属人性とシステム化のハイブリット。

「アタレル」は、約160万社の企業データベースを元に、企業のアポイント獲得を支援するサブスクリプション型のクラウドサービスです。営業先企業のリストアップ、メールの送付、電話、アポイントといった、営業活動に必要なプロセスをクラウド上で一元管理できることに加え、先のプロセスの代行も行います。

データをユーザーへ返還し、資産化できる社会へ。 「プライバシーテック」を機軸に描く巨大なIDプラットフォーム構想。

データをユーザーへ返還し、資産化できる社会へ。 「プライバシーテック」を機軸に描く巨大なIDプラットフォーム構想。

2019年の4月ごろ現代表の長谷川に会ってて、「データを使ったビジネスをやりたい」と相談されたことがきっかけです。僕はその頃ソフトバンクに在籍しながら、ヤフーを兼務しており、両者を横断したデジタルマーケティング事業や新規事業を見ていました。

7 件