Professional

社内外のプロフェッショナルと「最高のワンチーム」を組成。顧客起点でマーケティング・ブランディング・コマースまで一気通貫で支援。ブランデッドECの展開へ。

社内外のプロフェッショナルと「最高のワンチーム」を組成。顧客起点でマーケティング・ブランディング・コマースまで一気通貫で支援。ブランデッドECの展開へ。

僕が取り組む仕事は、代表の長谷川やグループ会社の経営陣から直接依頼されるケースが多く、従来のPR会社の範囲を超えたものがほとんど。結果的に、ベクトルグループにとっても新しい挑戦となるものが多いです。

SNSネイティブ世代の心を理解し、コミュニケーションを最適化したい。新卒3年目で挑む、若年層マーケティング確立への挑戦。

SNSネイティブ世代の心を理解し、コミュニケーションを最適化したい。新卒3年目で挑む、若年層マーケティング確立への挑戦。

若者マーケLabの構想自体は、社会人1年目から頭の中にありました。現在、ベクトルグループにはグループ企業が40以上ありますが、様々な事業会社のプランナーから若年層向けのコミュニケーションについて相談を受けていました。 物心のついた頃からデジタルデバイスに触れて育った今の若者の実態はとてもユニークで、流行の変遷も昔と比べて早くなってきています。そこで、グループ全体で若者を研究する機関があれば良いのに、と思いはじめたのです。

急成長中の「ハイパーカジュアルゲーム」市場で成功するために。ベクトルグループのアセットと共に、世界規模で戦える事業を生み出す。

急成長中の「ハイパーカジュアルゲーム」市場で成功するために。ベクトルグループのアセットと共に、世界規模で戦える事業を生み出す。

スマートフォンのゲーム市場はここ10年でずっと伸びています。その中でも、我々が開発しているゲームはシンプル且つ直感的なゲームデザインにより、わずかな時間で誰でも簡単に楽しめる「ハイパーカジュアルゲーム」と呼ばれるもので、直近2年で大きな盛り上がりを見せています。とくに昨年からの伸びが大きく、数字で見ると前年対比でも130%ほどの市場規模に成長しています。

「熱」を帯びて、伝播する。デジタル全盛・激変する社会環境の中、PRだから提供できる、人間臭いコミュニケーション

「熱」を帯びて、伝播する。デジタル全盛・激変する社会環境の中、PRだから提供できる、人間臭いコミュニケーション

我々は「PRの力で商品や企業、ブランドの価値を創り、社会に貢献する=ONE MORE VALUE」というミッションを掲げていて、いいモノを世の中に広めるサポートを行っています。広告とPRの垣根を超え、あらゆるソリューションを駆使しながらコミュニケーションの戦略立案から実行までを行うのが特徴です。

医療の情報格差を世界からなくす。ベクトルグループが医療領域に参入する背景と意味。

医療の情報格差を世界からなくす。ベクトルグループが医療領域に参入する背景と意味。

医療業界のデジタルトランスフォーメーション(以下DX)事業をはじめ、広告・PRも含めたコミュニケーション事業もあわせて提供する、医療業界に特化した新会社・メディカルテクノロジーズを、ベクトルと私が経営するビジネスインテリジェンス(以下、BI)の合弁で9月1日に設立しました。

「気持ち良いつながりを増やす」そのための営業のDX。 対極の営業を経験して見つけた、属人性とシステム化のハイブリット。

「気持ち良いつながりを増やす」そのための営業のDX。 対極の営業を経験して見つけた、属人性とシステム化のハイブリット。

「アタレル」は、約160万社の企業データベースを元に、企業のアポイント獲得を支援するサブスクリプション型のクラウドサービスです。営業先企業のリストアップ、メールの送付、電話、アポイントといった、営業活動に必要なプロセスをクラウド上で一元管理できることに加え、先のプロセスの代行も行います。

「コミュニケーション戦略の傘」を作るのがPR。イニシャル執行役員が10年の経験を経て想う、PRの本質とは。

「コミュニケーション戦略の傘」を作るのがPR。イニシャル執行役員が10年の経験を経て想う、PRの本質とは。

2020年3月より、株式会社イニシャルの執行役員を務めています。また、局長及び営業部長も兼任しており、組織運営はもちろん、各部署の売上の把握から売上向上のための案件獲得、コンサルティングなどの実務まで幅広く担っています。

グループ参入で経営者として新たな挑戦。 モノの価値が伝わりにくい時代に必要なプラットフォームをつくる。

グループ参入で経営者として新たな挑戦。 モノの価値が伝わりにくい時代に必要なプラットフォームをつくる。

そもそもスマートメディアは、メディア事業の収益最大化のため、第三者メディアを運営していた3つのベクトル子会社が合併してできたものです。合併当初は、これまでバラバラに運営していたメディア企業同士が力を合わせることで、より大きな成長が見込めるとの想定でした。

10 件